メイン:常遇春(LV199)


by maplesheyi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

二刀流シーフは現れるか。

こんばんわ。

どうもフラフラして、調子悪いな~。こりゃ絶対墓落とすな、きっと。

なんて思ってたら、やっぱりお墓になった春cです。(;´Д`)




さて。

10/31のメンテで追加されたアイテムがいくつかありましたよね。

例えば、これ。

c0126472_1732463.jpg


散歩道に、二刀流がどうのこうの、という記述がありましたが、

これが二刀流の正体だったようです。



これを見た瞬間、私はSUGEEEEEE!!!!!!と思ったんですが、

その後すぐに萎えぇぇぇぇぇ(’A`)ってなりました。


必要ステータスのところに注目です。

LV80
STR60
DEX120

なんと、この盾。

STR賊専用だったのです。

LUK賊の方は、残念でした。

今回は諦めて、メイプルシールドに攻撃盾書を貼りましょう・・・



じゃなくて。

実は、この盾が実装されて得をするのはごく一部のSTR賊のみ。

つまり、チラニュムや黄金二爪を最終武器とする、

通常STR賊しか恩恵を受けることができないのです。

では、武蔵賊やうちわ賊、焼き芋賊はと言うと・・・

残念ながら装備することすらできません。

なぜなら。

STR60

これはすぐに満たすことができます。

武蔵にしても、うちわにしても、STRが必要になっているからですね。

しかし、DEX120。

これがいただけない。

武蔵賊やうちわ賊のメリットは、

ごく微小のSTRを振り、DEXを最低限に削ることによって

残りのAPをLUKに振り込むことにあります。

その結果、二次後半から三次後半にかけて、LUK賊に比べて

圧倒的な火力を誇ることができるわけですね。

ところが。

この新盾にはDEX120という厚い壁があります。

もともとDEXを最低限に抑えている特殊STR賊。

この盾の必要ステータスを満たすには、あまりにも無理があります。

結局のところ、LUK賊と同じように、メイプルシールドや木盾に頼ることになるのです。

しかし、LUK賊がバギドやブラッドダガー110~115を手に入れると終了です。

メイプルシールドなどはLUK賊にしても特殊STR賊にしても、

同程度の強化しかできないわけですから、

武器の基本性能で劣る特殊STR賊は、LUK賊との差を空けられる一方です。




今回のパッチで、斬り賊の反応は以下のようになったと思います。

LUK賊・・・('A`)チッ
通常STR賊・・・(゚∀゚)キタコレ
特殊STR賊・・・/(^o^)\オワタ!

もともと、LUK賊が圧倒的に多い斬り賊業界ですが、

少々攻撃速度が速いといっても、STRに振った分だけ弱い通常STR賊。

一時的に圧倒的な火力を発揮するものの、LVが上がれば追いつかれ、

上位のLUK短剣が実装されれば簡単に追い越されてしまう特殊STR賊。

この2種類のSTR賊は少数派です。

そして、新盾によって救済されたのは、最も不遇であった通常STR賊でした・・・



では、特殊STR賊に未来はないのか!?

・・・残念ながら、望み薄と言わざるを得ません。

もともとシステムの間隙を突いたような育成方法なわけですから、

救済の対象から外れても文句を言える筋ではないです。

(それに特殊STR賊はJapanNEXONの独自実装に依拠していますからね。)

ただし。

パッチひとつでコロコロ変わるこの世界。

特殊STR賊がLUK賊を凌駕することはもうなくても、

同等に戦えるように修正されることがあると、期待する余地はあります。

それまでは、育成上のある地点ではちょっと強い、という誇りを大切にして、

自我の崩壊を食い止めましょう。(爆)



最近の実装事情を鑑みると、

NEXONは各職業に内在する格差を解消しようとしているとしか思えません。

攻撃盾書の実装は、あくまで攻撃力の面だけですが、

片手剣戦士と両手剣戦士の格差を確実に縮めました。

属性杖・属性棒の実装は、ビショップとアークメイジの均衡化を図る・・・

いや、これは均衡できていないかも知れません。(笑)

とにかく、どの職業でもそこそこ戦えるように、修正を重ねているということでしょう。





まぁ、これだけ書いててアレだけど、

STR・DEXを必要としない攻撃力付きの賊盾とかが実装されたらヤダなぁ・・・(笑)
[PR]
by maplesheyi | 2007-11-01 18:48 | 各種考察